S家に嫁いだM嬢の日常 概要・ネタバレ

S家に嫁いだM嬢の日常1

まずはコチラをチェック
S家に嫁いだM嬢の日常
ヨールキ・パールキ

 

S家に嫁いだM嬢の日常 概要

S家に嫁いだM嬢が快楽開発のため、色々な体験をして行く。

朝起きれば前日の精液が残っていないか、メイドが確認する。

馬術指導では鞍にペ○スの張形が付いていて、挿入して動きを合わせる練習。

S家の教育制度は独特でM嬢は徐々に開発されていく。

 

第1話 2穴乗馬で何度も絶頂してしまいました

高台の林の中にサルバトール家、通称S家という名家があった。

この家では、代々医者や学者を輩出し多くの功績を残してきている。

主人公であるM嬢・メリーは、とあるきっかけでこの家へ嫁いで来た。

S家には普通の家とは違った風習がある。

充分な快楽を得られた身体で孕んだ子は優秀に育つと考えられている。

身体の開発を行う為の決められたカリキュラムがあり、快楽を得る教育を受けるのだ。

優秀な子を身籠ることが目標でメリーはこの教育制度を承知で嫁いできた。

S家に嫁いだM嬢の日常の始まりだ…

朝になるとメイド達がやって来てメリーの身支度に取り掛かる。

入浴で身体を綺麗にし、頭の先から足の先まで全て整えてくれた。

この後にはメイドの指によってチェックされる事がある。

前日の古い精◯が残っていないかどうかの確認だ。

今日の担当は新米のメイドだった。

慣れていないせいか思わぬ所を掻くのでメリーはつい憐もない声をあげてしまっていた。

そして次は、孕みやすい日の目処を立てる為に体温計を測る。

正確に測る為直接粘膜に当て測っていた。

そんな体温計を測る時でさえメリーはメイドの指が触れる事で達してしまっていた。

朝食を終えると訓練用衣装に着替えて馬術講師指導を受ける。

旦那様のペ◯スが模してある鞍へ挿入し腰と馬の動きを合わせる乗馬の練習で程良く締め付けることによって生まれる快感を覚えてもらう。

朝の検査ですでに流れ出ている愛液。

「奥様 挿入なさってください!」

講師に言われ旦那様のペ◯スが模してある所へ挿入したメリーはすぐにイキそうになってしまう。

「奥様 まだイッてはなりません!」

この後に追加課題が残っているので今イってしまうと困るのだ。

馬を歩かせこのまま散歩に出ることになった。

「ア◯ルとおま◯こをヒクヒクさせながら腰を振ると最高に気持ち良くなれますよ」

「これッ…きもちィィ…」

次に講師は馬のお尻を叩いて走らせる事にした。

動きが激しくなった途端メリーはもうイキそうになる。

「あんッ…イッグ〜〜〜」

馬が暴れだしたので講師は止めようとしたが止まらない。

しかし、その分メリーが感じた快楽は強烈だった。

繰り返し収縮する膣内。

 

S家に嫁いだM嬢の日常1

2穴乗馬で何度も絶頂してしまいました…

無料立ち読みはこちら

 

Copyright© S家に嫁いだM嬢の日常~ネタバレと無料画像漫画ネタバレと無料エロ画像 , 2019 All Rights Reserved.